南果歩 乳がん完治 再発しない?抗がん剤中止の代替治療とは?




南果歩さんが、3月15日(金)【ダウンタウンなう】の「本音でハシゴ酒」に出演されます。
ダウンタウンさんと同郷であり同い年の南果歩さんが
2度の離婚について赤裸々に本音を語るそうなので放送が楽しみですね。

南果歩さんといえば、
2016年3月に乳がんの手術を受けられました。
その後、乳がん完治したの?
がんの再発の可能性は・・?
調べてみました。

南果歩乳がん完治?

南果歩プロフィール

名前:南 果歩(みなみ かほ)
生年月日:1964年1月20日(55際)
出生地:兵庫県尼崎市
元旦那:辻仁成、渡辺謙

南果歩さんは、
2016年にステージ1の乳がんと診断されました。

初期の段階での発覚だったので
幸い転移はなく、

2017年の段階で再発の兆候もないそうです。

南果歩乳がん再発の恐れは?

今は2019年。
がんの手術から3年経ちましたが
あれからがんが再発したというニュースはされてません。

今回ダウンタウンなうに出演されるということで
元気な姿が見られるはずです^^*

スポンサードリンク


南果歩なぜ抗がん剤使用中止?!

現状について聞かれると「今、ハーセプチンという抗がん治療をストップしています。抗女性ホルモン剤の投薬もストップしています。これは俗に言う、代替治療に切り替えたということです」と打ち明けた。(2017年10月)引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710010000889.html

抗がん剤治療を中止した理由は、血圧の変化だという。「100くらいだったのが160になり、循環機能診療を受けて、降圧剤を診療されたんですね。薬で上がった血圧を薬で抑えるって、これでいいんだろうかって、立ち止まりました」と、決断に至る経緯を明かした。主治医ともじっくり話し合ったといい、「決めるまでに時間がかかりましたし、最終的に自分で責任を持つので勉強もしましたし、セカンドオピニオン、サードオピニオンも受けました」と、考えた上での決断だったことも強調した。引用元上と同じ

がんの治療と聞くと、
抗がん剤・ホルモン剤投与
というイメージですが

南果歩さんは、
血圧の変化を受けて
抗がん剤・ホルモン剤投与を中止されたそうです。

思い切った決断ですね。
”代替治療”をされているとのことですが

”代替治療”とは具体的にどんなことをするの?
抗がん剤・ホルモン剤投与中止後のがんの治療はどのようにされているのでしょうか?

南果歩代替治療内容は?

抗がん剤は止めたが、サプリメントを飲んでいるほか、生活レベルでできることに取り組んでいるという。がん細胞は低体温下で繁殖しやすいため、代謝を上げて冷え性を治すよう努めていることや、ガン細胞が糖質を好むため炭水化物を控えていることなどを明かした。引用元上と同じ

がんは生活習慣病と言われていますもんね。
食事を変えたり、普段の生活から見直していらっしゃるんですね。

「標準治療というのはデータに基づいた揺るぎないものだと、重々承知しています。(抗がん剤を止めたのは)個人的な決断です」と、自身の決断が必ずしも正しいわけではなく、あくまで“個人的な決断”であることも強調した。その上で「再発の兆候は見られていないので、今現在はこの判断しかなかったかなとは思っています。今後どうなるかは自己責任になってくるし、おすすめすることでもない。ただ、公に言うことで、そういう方法もあるんだと、皆様の視野が広がることが目的です」と、たくさんの選択肢があることを示した。引用元上と同じ

南果歩さんは代替治療をがんの治療としてオススメされているわけではなく、
選択肢の1つとして、

このような選択をしたというわけです。

がんの治療においても、様々な選択肢があるそうなので
その都度、お医者さんとよく相談して決めていくのが大事ですね。

まとめ

南果歩さんは2016年3月に乳がんステージ1の手術を受けましたが
その後がんの再発はなく、完治されていると言ってもいいでしょう。

ダウンタウンなうの”ハシゴ酒”では
離婚について本音で語ってくれるのが楽しみですね^^

元気な姿の南果歩さんを目にしたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク